高精細印刷

 通常の印刷物とひと味ちがう表現力。より美しい印刷物を目指して、当社では高精細の印刷や、従来のプロセスインキでは表現できなかった鮮やかな色域の印刷物でお客様のご要望にお応えします。

高精細印刷(FMスクリーン印刷)

 当社では大日本スクリーン製造株式会社の「フェアドット」というFMスクリーン印刷方法を導入しています。AMスクリーン印刷が規則的に並んだアミ点の大小で階調を表現するのに対してFMスクリーン印刷は微細な点の集散で階調を表現します。
 この技術により、モアレが出にくく、階調表現が非常になめらかな上、発色が鮮やかに仕上がります。美術館関係・作品集など最も高品質が求められるものに向いています。

フェアドットについの詳細な情報はこちら  ▶『大日本SCREEN社Fairdot/Fairdot 2』へ

▲ページのトップへ

広演色プロセスインキ印刷(カレイドカラー印刷)

Kaleido color

カレイドカラーとは、6~7色印刷でしか再現できなかったデジタル画像の広い色域を4色で再現可能。同時に環境にも配慮したインキで印刷するシステムです。

広い色表現領域を実現する広演色プロセスインキと高精細印刷システム

 デジタルカメラの利用によりAdobeRGB画像で入稿するケースが増加し、モニターでAdobeRGB画像を確認しながら制作・出力するワークフローが増えてきました。モニターでみるAdobeRGB画像の広い色領域を印刷物として出力するためには、通常のプロセス4色印刷では再現しきれないため、6色あるいは7色印刷が必要とされてきました。

 しかし、設備やコストなどの制約から4色で印刷しなければならないのが現状です。当社では、この現状に対し、4色印刷機で6色・7色印刷の効果に近い、広い色再現を可能とした広演色用プロセスインキ「カレイド」による高精細印刷システムを東洋インキ製造株式会社の協力により開発しました。

 モニター上やカンプイメージに、限りなく近い最終印刷物を実現することが可能となり、お客様をはじめ、デザイナーやカメラマンの高品質ニーズにお応えします。

 下図は、色相/彩度と明度による2次および3次元表記の色度図を表したもので、「通常インキ」とは今までの標準的なインキ(JapanColor等)の色再現領域を示しています。これに対し広演色プロセスインキ「カレイド」はモニター並みの広い再現領域を持っています。

カレイドカラーについの詳細な情報はこちら  ▶『東洋インキ株式会社Kaleido』へ

 

通常インキでは実現できない色の再現

  1. 通常インキよりはるかに広い色再現域で黄から赤の階調が豊かになっています。
  2. 強い赤の階調再現も向上しています。
  3. マゼンタの発色が鮮やか、特に白からピンクの再現が綺麗に。
  4. 特に今まで印刷では再現しにくかった濃いブルーが、広演色プロセスインキ「カレイド」では階調も色再現も格段に向上しています。


 広演色印刷は、標準の印刷よりも高い濃度(約1.2~1.3倍)で印刷する必要があり、この高濃度の印刷を実現するための方法として、高精細(フェアドット)印刷をご提案しています。

 

 

▲ページのトップへ