ニュースリリース

川口印刷主催「盛岡城築城420年記念 歴史講演会」開催のお知らせ

2017年03月15日


※画像をクリックすると
PDFファイルが開きます

盛岡市を代表する歴史遺産・盛岡城は、南部氏の手により慶長2(1597)年3月6日、起工式にあたる「鍬初」「鋤初」の儀式が行なわれ、本格的な築城工事が始まったとされています(諸説あり)。今年はその年から420年、これを記念して最近の盛岡城に関する研究成果の報告と、歴史研究の第一人者・小和田哲男氏、城郭ライターの萩原さちこさんによる歴史講演会を企画いたしました。講演は、今話題の「女城主」の活躍について、江戸時代の初めに遠野南部家を支えた清心尼の話を小和田氏が、豊臣流の築城法で築かれた各地の城の構造比較について、盛岡城を中心に萩原さんが話します。(共催/日本城郭史学会盛岡支部 後援/盛岡市・盛岡市教育委員会)

日時 2017年5月7日(日)開場12:30/開演13:00
場所 盛岡市民文化ホール[小ホール]
入場無料(要申込)

【講師・演題(登場順)】
13:00~13:30
開会行事
主催者あいさつ 
趣旨説明 盛岡城築城420年について 講師紹介

 
13:30~14:30
萩原さちこ
〈城郭ライター・『探訪ブック盛岡城』監修〉
盛岡城の魅力、再発見 


14:30~16:00
小和田哲男
〈静岡大学名誉教授・公益財団法人日本城郭協会理事長
NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』時代考証担当〉
南部にもいた女城主 ―清心尼とその時代―

【申込方法】
往復はがきにて申込(受付期間:3/15(水)~4/20(木))
※応募多数の場合は抽選となります。(くわしくはPDFファイルを参照)

【お問い合わせ】
川口印刷工業㈱ 019-632-2211(担当/神山)

▲ページのトップへ